カラコンを使うようになってドライアイになる人も多いそうです

今までドライアイの症状がなかったけれども、カラコン使用するようになってから急にドライアイになってしまうということも珍しくありません。
一般的な視力矯正に使われるコンタクトレンズよりも、カラコンの方が目が乾きやすくドライアイになってしまう可能性が高いと言えるのです。
キレイな色を出すために着色料などが使用されておりますから、目にかかる負担というのは普通のコンタクトレンズよりも大きいことが分かるかと思います。
ただしカラコン使ってるからといってすべての方がドライアイになってしまうわけではないので、品質の高いカラコンを選ぶということが大切です。
安価だからといって、レンズが分厚く酸素透過性や合水率の低いレンズを選んでしまうと危険です。