看護師とは?

看護師として勤務している人は何万人もいますが、それとは対極的に、看護の、資格を保有していながらも、就職していない人が五十万人以上いると認識されています。
日本で4万人の看護師が足りないといわれているので、ほんの少しの人でも職に就くことができれば、この問題が少しは解消できると思いますよねー★医療従事者という意味では、看護師には煙草を吸う人が減っているように思います。
実際のところ、印象通り、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。
病院で勤める以上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように注意している人が多い状況だと理解できると思います。
基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。
でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。
なお、看護師という職についていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関しても今の状態を把握しやすくなるようです。
看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。
看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保っています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な試験です。
看護師の働き先といえば、病院と想像するのが一般的でしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも様々ありますよねー★保健所で保健師の方と連携して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。
それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。