wimaxの速度速い新幹線でも利用可能?

既存のwimaxは今まで、「繋がりにくい」とか「速度が遅い」などと言われることがありました。
それらの原因は、電波が建物などの障害物に弱いためで、けっして遅いわけではありません。
イー・モバイルやXi(クロッシィ)はデータ上では上回っていますが、実際に使用した場合にはwimaxが速いというケースが多くあります。
その理由としては、エリアの人口カバー率や割り当てられている周波数帯域の幅域の広さの違いが大きくなります。
Xi(クロッシィ)とイーモバイルは、どちらもエリアを外れることが多くあります。
せっかく速い速度が利用できても、エリアを外れた途端に利用できなくなってしまいます。
エリアから外れるとXi(クロッシィ)はFOMAでのスピードになり、イーモバイルもLTEまたは3Gのスピードとなります。
また、最近登場したバージョンでは、既存のエリア、auの4GLTEエリア(800MHz)と3モードが切り替えて使える画期的なシステムになります。